労働の楽しさは収入に比例する~目の前のことを楽しむ

生活を支える為の収入と、自分が好きなことをして楽しく生活する収入とはまったく別の意味を成すものになります。誰しも自分の好きなことを仕事にして、それが世界に受けることで自分の生活を支えることができるならそれほど嬉しいことはありません。ですが、それを決定するのは学生の短い時間で決めなくてはいけませんね。
自分は何の分野に進みたいのか考え、なんだかわからないので・・・とりあえず簡単そうな授業を取る。もうそうなると、後で何かを選択しようにも・・・選ぶ道が少なくなってしまうのです。

それはお分かりでしょうか・・・・?何故かというと、人は楽な道に進もうとすると、それ以上かかるものは大変な力がかかるため面倒に感じてしたくなくなるものなのです。情報が多いこの世界で、ニート予備軍に入る若者がたくさんいます。それは何が楽しいのか、何をすることが充実した生活につながるのかしっかりと分かっていないからなのです。
イギリスでは早くから子供を社会に出します。お前は大人になったのだから、後のことは自分で考えてするように。ということです。現在の日本は親離れどころか、子離れできていない大人が多いこと。親の世代は戦後から立ち直したいわゆる大変な時代を生きてきた人々なのです。自分のような大変な目にはさせたくないという思いが・・・お前の好きなことをしてもいいよ。好きな道を選びなさい。とさせたのです。

ですが返ってそれこそどうしたらいいのかわからず。就職しようにも自分の求める職に突くことができなくて迷うなんてことになるのです。好きなことだけを仕事にするのは難しいでしょう。
好きななことは趣味でする。たとえそこにプラスの利益がでないと分かっても続けたい。大好きだから。なんて心の余裕を持ってするのがいいでしょう。無理に始めることも、収入をあげようとやっきになっても・・・もしかしたらそのもの自体を嫌いになる可能性の方が高くなることでしょう。それはなるべく避けたいですね。

東京の貸会議室検索

ランディングページ制作 高品質

通信制高校検索サイト スタ★スク

ハリと潤いがほしーい!!

エアコン 工事 東京エリア